診療案内 平日夜20時まで土日診療も診療案内 平日夜20時まで土日診療も

ACCESS

札幌市西区琴似1条2丁目5-3ハシモトビル1階
地下鉄・JR「琴似駅」から徒歩5分MAP駐車場

コラム

腰が痛いのはお尻が出ているせい!?

2020/01/27 スタッフによるワンポイント豆知識

こんにちは、スタッフの高萩です。

今回は意外と多い出っ尻と腰痛の関係性をご紹介いたします。

みなさんは出っ尻という言葉を聞いたことはありますか?

出っ尻とはお尻が本来ある位置より高く後ろに出ている状態です。

(下は参考画像です。左が出っ尻、右が正常な姿勢です。)

出っ尻は股関節を曲げる作用を持ち太ももから骨盤の前側に付着する筋肉が硬くなって、

骨盤を前に引っ張ることで骨盤自体が前に傾いて起こる症状です。

では、これで何故腰痛が起こるかというと腰がきつく反るからです。

通常腰の背骨は横から見た際緩やかなカーブを描いている状態なのですが、

反り腰の場合、腰の背骨がかなりきつくカーブしている状態です。

(下は反り腰の画像です)

骨盤が前に倒れることで、身体の重心は後ろにかかる為それより上の背骨は

前に重心を保とうと通常とは違う曲がり方をします。

この時筋肉は場所によって引き伸ばされたり、過剰に縮んだりします。

その状態が長く続くことで腰痛が出てきます。

これを根本的に治すのは、縮んだり伸びたりしている筋肉を緩めるのではなく、

この姿勢を正常な状態へ戻ることです。

その為には、腰ではなく股関節や太ももの筋肉を緩めたり、良い姿勢を保つために

使われる体幹の筋肉を使えるようにトレーニングする必要があります。

 

みなさんも腰が気になる際は是非一度、腰のみを気にするのではなく、姿勢を

意識してみてはいかがでしょうか?

 

本日のコラムは以上です。ご覧いただきましてありがとうございました。

 

メニュー一覧に戻るメニュー一覧に戻る

CONTACT/ご予約・お問い合わせはこちら

どうぞお気軽にお問い合わせください!

CONTACT/ご予約・お問い合わせはこちら どうぞお気軽にお問い合わせください!

診療案内 平日夜20時まで土日診療も診療案内 平日夜20時まで土日診療も

  • ご予約優先制 ご予約・お問い合わせ 011-612-8331
  • ご予約優先制 ご予約・お問い合わせ 011-612-8331
  • LINE 今日空いてる?質問・予約らくらく!LINEで予約・お問い合わせLINE 今日空いてる?質問・予約らくらく!LINEで予約・お問い合わせ
  • メールで予約・お問い合わせメールで予約・お問い合わせ